借金一本化の仕組み

借金の一本化とは

おまとめローン、キャッシング一本化、カードローンおまとめなど呼び方は様々ですが、これは貸金業法が改正されたことにより1人に貸し出せる金額が年収の3分の1まで、と制限されるようになった各金融会社が力を入れている金融商品の1つです。具体的にどういったものかというと、簡単に言えば複数の会社からお金を借りている人がいた場合に、一本化を申し込むとその会社がそれら複数の会社に連絡を取って一括返済してくれます。その代わり、今度は一本化を申し込んだ会社にそれらの会社から借りていた金額を合計した分を少しずつ返済していくことになります。債務整理などを検討する前にできる借金の整理方法が借金の一本化と言えます。

こうすることで、金融会社は貸金業法で決まっている、1人に貸し出せる金額の限度を超えて貸付することが特例として可能になります。複数の会社で借りている金額が、自分の年収の3分の1を超えている場合は特に注意が必要になるのですが、これはどの金融会社でも特例となる訳ではなく、消費者金融だとおまとめローンであっても特例とならないため、銀行でのおまとめローンを利用します。借りている方は、返済する相手が1社になるため、返却する日が月に複数あったとしてもそれが1日になり、金利や毎月の返済額が下がって楽になる場合が多いのです。

一本化の仕組み

このようなローン一本化に申し込まずに自分で同じことをしようとすると、お金を借りている会社それぞれに自分で連絡した上で、別の会社から借りたお金で一括返済しなくてはいけません。この時、限度額の規制があるため、金額によってはまとめたからと言って必ずしも返済する先が1社になるとは限りません。しかし、ローン一本化に申し込んだ場合、返済先が1社になるのは勿論、複数の会社に連絡して一括返済するところまでやってくれますから、面倒な手続きをする必要がなく便利なのです。

ただし、複数のローンをまとめるために当然ながら総額は大きくなりますし、その分審査も普通のローンより厳しいことが多いです。この時審査のポイントになるのが、直近の返済状況と現時点での借り入れ件数です。通常、借入件数が5件以上あると審査に通りにくくなってしまうようです。金融機関同士のデータ照会ができるため、直近での返済状況もすぐに分かるようになっています。審査が厳しい会社の場合、携帯電話の料金支払いについてもチェックすることがあります。直近の支払い状況に関しては、金融機関によって多少前後しますが、平均して申し込んだ時点から6ヶ月前後さかのぼって調べられます。

一本化を考える時に

一本化すれば毎月の返済額は下がりますが、元々借りている金額は減りません。ですから、結果的に全て返済するまでにかかる期間は延びることが多いです。毎月の負担が減るのは良いけれども、早く返済してしまいたいから困る、という人も中にはいます。そのような場合には、毎月の返済額を増やすことで完済までの期間を短くする、ということも可能です。ですが、この場合は毎月の負担が大きくなりすぎてしまい支払いが続けられなくなる、という危険性もあります。自分の収入や支出のバランスなどを含めてしっかり考えてから、毎月の返済額を決めることが大事なのです。一般的に、収入の15から20%程度までが無理のない返済額と言われていますので、返済額を決める時にはその割合を超えるような額にしないように気をつけましょう。

なお、金利が低くなることが多いですが、一本化を申し込む前にしっかりと確認しておかないと、一本化する前よりも金利が高くなってしまうということもありえます。これまでに借りていた金融機関で一本化を申し込んだ方が、金利が低くなるということもあるので、それぞれの金融機関で相談するなどして慎重に一本化する会社を決めるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>